• イベント情報
    「陳舜臣アジア文藝館」プレオープン 神戸市中央区
    開催期間
    2014年5月7日~2014年8月31日
    会場
    旧神戸税関メリケン波止場庁舎
    このイベントは終了しました
    shunshin
     中国を舞台にした歴史小説で知られ、神戸を代表する作家陳舜臣さん(90)ゆかりの品々を集めた「陳舜臣アジア文藝(ぶんげい)館」が6日、神戸市中央区波止場町の旧神戸税関メリケン波止場庁舎にプレオープンした。開館前には、陳さんが久々に公の場に現れ、館内を見学した。(藤村有希子)

    陳さんの同市東灘区の自宅や丹波市の別荘、早稲田大などに散在する数千点以上の史料をまとまった形で保管、展示。長男で写真家の立人(りーれん)さん(61)=神戸市東灘区=や神戸のまちづくり関係者らが準備してきた。
    館内では愛用の机や椅子、万年筆、つえなどで書斎を再現。著作「中国の歴史」「敦煌の旅」の自筆原稿や書、陳さんの写真、著書の単行本なども並ぶ。
    開館に先駆け、陳さんが急きょ訪問。車いすに乗って展示品をじっくり見て回り、立人さんから同館への要望がないか尋ねられると、「おまえに任せた」とうなずきながら話した。
    記念イベントでは、太宰治の娘で作家の太田治子さん、矢田立郎・前神戸市長、国際音楽協会理事長の張文乃さんが、ファン約130人の前でてい談。太田さんは「陳先生は弱者の悲しみをわがことのように理解できる人。神戸にはいろいろな国の良さが詰まっており、多様性が素晴らしい」と話した。
    一般客の入館は7日から。今秋の正式オープンまでは月、水、土曜の正午~午後5時に開館。一般300円、高校・大学生200円、中学生以下無料。陳舜臣アジア文藝館TEL078・391・0224
    (2014年5月7日付け神戸新聞より)

     

    イベント名
    「陳舜臣アジア文藝館」プレオープン 神戸市中央区
    開催期間
    2014年5月7日~2014年8月31日
    時間など

     今秋の正式オープンまでは月、水、土曜の正午~午後5時に開館。一般300円、高校・大学生200円、中学生以下無料。陳舜臣アジア文藝館TEL078・391・0224

    会場
    旧神戸税関メリケン波止場庁舎
    会場の住所
    神戸市中央区波止場町
    会場の連絡先
    078・391・0224
    更新日: 2014年4月16日
    Share on Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    Bookmark this on Yahoo Bookmark
    Bookmark this on Livedoor Clip

    ※こちらの情報は上記が提供しています。情報に関するお問合せは上記までお願いいたします。

    「おでかけ兵庫」とは
    神戸新聞グループが持つ各メディアを通じ、ふるさと情報を発信することを目的に、兵庫県内の市・町などに呼びかけて発足した会員組織「神戸新聞フェロー」に登録する自治体・団体の観光・イベント情報サイトです。フェロー会員は、三宮駅前の商業施設「ミント神戸」に設置している大型LEDビジョンや神戸空港、さんちかのデジタルサイネージにも情報配信されます。フェロー制度に関するお問い合わせは、神戸新聞社デジタル事業局メディアプロモート室(E-mail:odekake@kobe-np.co.jp)