• ピックアップ
    トップ
    ピックアップ

    1 2 3 4 5 >

    南あわじ市・福良港を発着する渦潮観光船「うずしおクルーズ」で鳴門海峡の渦潮と夕日のコラボレーションが人気を集めている。午後4時10分発の最終便でのみ楽しめる船上の大パノラマ。自然が織り成す二つの絶景を…

    続きを読む

    青と赤のコントラストが船体に反射する=福良港_20171221

    引き抜くと恐ろしい悲鳴を上げ、その悲鳴を聞いた人間は発狂して死んでしまう―という伝説のある植物「マンドラゴラ」が、南あわじ市八木養宜上の農業公園「淡路ファームパーク・イングランドの丘」で、つぼみを付け…

    続きを読む

    つぼみをつけたマンドラゴラの花。開花は珍しい=南あわじ市八木養宜上、淡路ファームパーク・イングランドの丘_20171226

    スイセンの群生地「灘黒岩水仙郷」(南あわじ市灘黒岩)が27日、今シーズンの営業を始めた。開花状況は良好で、来年1月上旬から中旬に見頃を迎えそうだ。今年は灘地区のマスコットパネルが新たに登場し、地域の若…

    続きを読む

    来園者に水仙の切り花を渡す水仙娘ら=南あわじ市灘黒岩、黒岩水仙郷_20171228

    春の淡路島内で色とりどりの風景を活写した「人・花フォトコンテスト」の入賞作品展が、南あわじ市八木養宜上の直売所施設「美菜恋来屋(みなこいこいや)」で開かれている。  島内の観光施設などで秋の草花を楽し…

    続きを読む

    色鮮やかな風景を切り取った「人・花フォトコンテスト」の入賞作品展=美菜恋来屋_20170920

    カラヤン指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で首席チェロ奏者を務めたウォルフガング・ベッチャーさんの演奏会が11月5日、洲本市文化体育館(同市塩屋1)である。地元の音楽愛好家らが誘致し、世界的チェ…

    続きを読む

    ウォルフガング・ベッチャーさん_20170916_2

    加東市社、社商店街各店舗でつくる社商店連合会は20日、買い物などでスタンプを10個集めると抽選で買い物券が当たる「第2回やしろぶらり スタンプラリー!」を始める。山田錦乾杯まつり(24日)や、近くの佐…

    続きを読む

    スタンプラリーをPRする社商店連合会会長の小紫吉猛さん=加東市社_20170920

    2007年に刊行された中野京子氏の「怖い絵」は、「恐怖」をテーマに数々の名画の魅力を分かりやすく紐(ひも)解いた好著としてベストセラーとなった。同書の刊行10周年を記念して開催する本展は、中野氏を特別…

    続きを読む

    ポール・ドラローシュ「レディ・ジェーン・グレイの処刑」_20170720

    21世紀の多くの日本人にとっても、「マンガの神様」と聞き、一番に思い浮かべるのは、手塚治虫(1928~89)ではないでしょうか。サブカルチャーとして市民権を得たマンガ・アニメーション史に、燦然(さんぜ…

    続きを読む

    火の鳥/「手塚治虫」展_20170704

    神戸ゆかりの美術家3人がリレー形式でドローイング(素描)や彫刻を展示する企画展「拡(ひろ)がる彫刻 熱き男たちによるドローイング」(神戸新聞社後援)が、神戸市灘区のBBプラザ美術館で開かれている。 3…

    続きを読む

    宙に浮いた不思議な巨石を描いた植松奎二さんのドローイング=BBプラザ美術館_20170706

    赤穂市立有年(うね)考古館で「播磨大陶器展―古墳時代から現代まで―」を開きます。 今から約1600年前(古墳時代中期)、日本に陶器を焼く技術が初めて伝えられました。播磨地域ではその頃から陶器の窯が各地…

    続きを読む

    発掘された古墳時代の窯(相生市 那波野丸山窯跡群)提供_20170703

    1 2 3 4 5 >

    「おでかけ兵庫」とは
    神戸新聞グループが持つ各メディアを通じ、ふるさと情報を発信することを目的に、兵庫県内の市・町などに呼びかけて発足した会員組織「神戸新聞フェロー」に登録する自治体・団体の観光・イベント情報サイトです。フェロー会員は、三宮駅前の商業施設「ミント神戸」に設置している大型LEDビジョンや神戸空港、さんちかのデジタルサイネージにも情報配信されます。フェロー制度に関するお問い合わせは、神戸新聞社デジタル事業局メディアプロモート室(E-mail:odekake@kobe-np.co.jp)